头部banner

言語の本質から出発した日本語教授法について

出自: 2014年第1期
字体: | |


  【要旨】日本語を勉強する人が増えるに従い、中国で日本語教授法に関する研究も多くなるが、これまで、学生の「読む」、「書く」、「訳す」という技能を重んじる教師は多かった。言語は本質的に音声であるので、「耳」から「口」への訓練を重視すべきだ。本稿は言語の本質から出発し、教材の選択及び学習活動の主体も論じながら、日本語教授法について述べるものである。

  【キーワード】日本語教授法;言語;音声;教材;学生

  一、言語の本質及び聴くと話すことを優先する原則

  言語の本質とは何であろうか。ヨーロッパで成立した近代言語学では、人類の言語の本質は音声で ……阅读全文

刊社简介 | 联系我们 | 广告刊例 | 收藏本站 | 设为首页

主办: 西江月·中旬杂志社 Copyright◎1997-2018

技术支持,电子版全球营销龙源
互联网出版许可证:新出网证(京)字066号
京公海网安备110108001919
电信与信息服务业务经营许可证:

京ICP证060024